山陽新聞デジタル|さんデジ

米ゼロ金利24年以降継続も FRB、物価2%未達なら

 米議会下院のオンライン公聴会で証言するFRBのパウエル議長=24日(共同)
 米議会下院のオンライン公聴会で証言するFRBのパウエル議長=24日(共同)
 【ワシントン共同】米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長は24日の米下院の金融委員会で、平均2%の物価上昇率目標を達成するには「3年以上かかるかもしれない」と述べた。FRBは既に昨年、事実上のゼロ金利政策を2023年末まで続ける考えを示しているが、物価目標が未達であれば24年以降も政策金利を据え置く可能性を示唆した。

 パウエル氏は「世界中にデフレ圧力がある時代に生きており、基本的に全ての主要先進国の中央銀行が2%(の達成)に苦しんできた」と指摘。「達成できると信じている」としつつも、より時間がかかる可能性はあると話した。

(2021年02月25日 08時21分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ