山陽新聞デジタル|さんデジ

NZ地震、発生10年で追悼式 被災地クライストチャーチや富山

 留学中の生徒12人が死亡した富山外国語専門学校で開かれた追悼式で献花台に一礼する遺族=22日午前、富山市
 留学中の生徒12人が死亡した富山外国語専門学校で開かれた追悼式で献花台に一礼する遺族=22日午前、富山市
 185人が犠牲になった2011年2月のニュージーランド地震は、22日、発生から10年となった。被災地クライストチャーチと、留学中の生徒12人が死亡した富山市の富山外国語専門学校でそれぞれ、遺族らが参列して追悼式が開かれ、発生時刻の午前8時51分(日本時間)に1分間黙とうし、犠牲者を悼んだ。

 同校の追悼式で上田為久校長は「10年を迎えた今、皆さんを失った悲しみと、言葉に表せない無念さが、改めて私たちの胸にこみ上げてきます」と述べた。在校生代表(20)は「後輩の私たちが受け継ぎ、先輩方の分まで多くのことを学んでいきます」と話した。

(2021年02月22日 11時53分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ