山陽新聞デジタル|さんデジ

鳥インフルがヒトに感染、世界初 ロシアの養鶏場、H5N8型

 【モスクワ共同】ロシアの保健当局は20日、ロシア南部の養鶏場で昨年12月に、高病原性のH5N8型の鳥インフルエンザウイルスの鳥から人への感染が確認されたことを明らかにした。

 H5N8型の鳥から人への感染は世界初とみられ、ロシアは世界保健機関(WHO)に報告した。感染者は完治しており、人から人への感染はないという。

 保健当局は、次の段階として人から人に感染する恐れがあるとして警戒を呼び掛けている。

 ロシア通信によると、南部アストラハン州の養鶏場で昨年12月、H5N8型の鳥インフルエンザが発生し、作業員7人がウイルスに感染したことが確認された。

(2021年02月21日 20時23分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ