山陽新聞デジタル|さんデジ

暖か 高梁市22.4度 県内6カ所 2月観測史上最高更新

 岡山県内は21日、高気圧に覆われて気温がぐんぐん上昇し、全域で4月中旬から下旬並みの陽気となった。最高気温は全16観測地点中、22・4度の高梁市(平年9・8度)、21・8度(同9・0度)だった真庭市久世など6カ所で2月の観測史上最高を更新した。

 残る4カ所は、瀬戸内市20・8度(同9・9度)▽奈義町20・1度(同8・1度)▽新見市新見19・7度(同6・8度)▽玉野市19・7度(同9・8度)―の各地点。県内全域で平年を13~9度ほど上回り、岡山市中心部で21・5度(同10・2度)、倉敷市で20・0度(同10・2度)などとなった。

 岡山地方気象台は「季節外れの暖かさは23日まで。24日以降は寒気が流れ込み、平年並みに戻るだろう」としている。

(2021年02月21日 16時06分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ