山陽新聞デジタル|さんデジ

65歳以上の接種、4月は限定的 ワクチン供給増5月以降

 河野太郎行政改革担当相
 河野太郎行政改革担当相
 河野太郎行政改革担当相は21日のNHK番組で、65歳以上の高齢者約3600万人が対象となる新型コロナワクチンの接種に関し、開始予定の4月中は地域や年齢が限定されるとの見通しを示した。米ファイザー製ワクチンの生産能力増強が5月以降になるとして「4月までは非常に供給量が限られる」と説明。「2カ月3週間」で終える目標を掲げる高齢者接種を、人口の多い大都市で順調に完了するのは難しいと指摘した。全体の接種日程に影響する可能性がある。

 未定の部分が多いワクチン供給と接種の日程に関し「今週中に、ある程度の決断をしなければいけない」と述べ、計画を練り直す意向を示した。

(2021年02月21日 19時27分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ