山陽新聞デジタル|さんデジ

夏の高校野球 7月10日に開幕 岡山県高野連が理事会で決定

日本学生野球協会の表彰を受ける倉敷商の原田将多選手=岡山市内
日本学生野球協会の表彰を受ける倉敷商の原田将多選手=岡山市内
 岡山県高野連は20日、岡山市内で開いた理事会で、2021年度の大会日程を決め、甲子園出場を懸けた硬式の全国選手権岡山大会は7月10日に開幕し、決勝は25日に実施する。20年度の優秀選手ら8人の表彰も行った。

 日本高野連の19日の決定を受け、県内では春季県大会、夏の岡山大会、秋季県大会の決勝でいずれもタイブレークを導入する。決勝はこれまで延長十五回で決着がつかない場合、引き分け再試合としていた。

 4月24日開幕の春季県大会は新型コロナウイルスの感染状況を踏まえながら有観客で実施する方針。トーナメント方式の地区予選(同10、11、17、18日)は無観客で行う。また県大会の一般入場料を100円値上げして700円とする。高校生は100円に据え置き、100円だった中学生は無料にする。小学生は無料のまま。

 このほか、秋は県大会のみだった軟式に中国大会が新設されたことが報告された。

 表彰では、日本学生野球協会の優秀選手に選出された倉敷商の原田将多選手(3年)に記念品を伝達。昨春のセンバツ出場予定校による甲子園交流試合で仙台育英と対戦し、主将として勝利に貢献した。県高野連の優秀選手は同校の田村幸哉選手(同)と軟式の選手権岡山大会に代わる夏季県大会を制した関西の長田優斗選手(同)を表彰し、長年大会運営などに尽力した役員、審判員の功績もたたえた。

 新型コロナ感染防止のため、例年この時期に開催する定期顧問会議を中止し、理事ら約30人が出席して行われた。

 主な大会日程と選手を除く受賞者は次の通り。(敬称略)

 ◇…日 程…◇  

 【硬式】春季県大会(4月24、25、29日、5月1、2日・マスカットほか)▽春季中国大会(6月5、6、8日・鳥取県)▽全国選手権岡山大会(7月10~25日・マスカットほか)▽秋季県大会(9月25、26日、10月2、3、9、10日・マスカットほか)▽秋季中国大会(10月22、23、24、30、31日・山口県)▽県1年生大会(11月6、7、13、14、20日・県営ほか)

 【軟式】春季県大会(4月17、18、24、25日・真庭やまびこ)▽春季中国大会(5月29、30日、6月1日・広島県)▽県総体(6月5、6日・真庭やまびこ)▽全国選手権岡山大会(7月17~22日・県営ほか)▽全国選手権東中国大会(8月1、2、4日・鳥取県)▽秋季県大会(10月23、24、30、31日・なりわ運動公園ほか)▽秋季中国大会(11月6、7、9日・山口県)

 ◇…表 彰…◇  

 【役員】硬式 20年 川端康隆(商大付)加藤浩士(御津)▽軟式 20年 池田哲也(商大付)親知洋(関西)

 【審判員】20年 大森淳志

(2021年02月20日 19時36分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ