山陽新聞デジタル|さんデジ

同内容の防災メール繰り返し配信 岡山県、システム不具合か

岡山県庁
岡山県庁
 岡山県は16日、県の防災情報メールの配信登録者に対し、同じ内容を繰り返し配信するトラブルがあったと発表した。システムの不具合が原因とみられる。

 県危機管理課によると、配信されたのは、国と自治体による全国瞬時警報システム(Jアラート)伝達試験が17日に予定されていることを知らせる内容。16日午後2時16~29分ごろの間、事前に登録した配信対象者4万3684人に5回にわたって送っていた。

 同課は「原因を究明し、再発防止に努めたい」としている。

(2021年02月16日 20時31分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ