山陽新聞デジタル|さんデジ

陶芸アイドル「藤原肇」とコラボ 備前焼の湯飲みをオンライン販売

陶芸が趣味のキャラクター「藤原肇」=(c)BANDAI NAMCO Entertainment Inc.
陶芸が趣味のキャラクター「藤原肇」=(c)BANDAI NAMCO Entertainment Inc.
「藤原肇」が愛する竹をイメージした備前焼の湯飲み
「藤原肇」が愛する竹をイメージした備前焼の湯飲み
 美少女ゲームキャラクターと備前焼がコラボレーション―。備前商工会議所(備前市東片上)はバンダイナムコエンターテインメント(東京)と共同で、陶芸が趣味の架空のアイドル「藤原肇」をモチーフにした湯飲みを作った。キャラが愛する竹をイメージしたデザインで、14日からオンラインで販売する。

 藤原肇は同社のゲーム「アイドルマスター」に登場する16歳の少女で、岡山県出身という設定。ゲーム愛好家に人気が高く、“聖地巡礼”で備前市を訪れるファンも少なくないという。ともに備前焼作家の妻である木村敦子さん(39)=同市=と藤田恵さん(32)=同=がこの人気に着目し、商品化を提案した。

 湯飲みはキャラのイラストに多用される竹をイメージした形で「しなやかで頑丈、力強く真っすぐに育つ」との思いを込めた。口径6・3センチ、高さ9センチ。登り窯を使う伝統的技法で備前焼作家が創作し、底面には「肇」の印をあしらっている。数量限定で、同社のサイト「アソビストア」で扱う。価格は1万9800円。

 木村さんと藤田さんは「これまで備前焼への関心が薄かった若い年代にも焼き物の魅力を伝えたい。ぜひ手に取ってほしい」と話している。

(2021年02月13日 11時19分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ