山陽新聞デジタル|さんデジ

岡山大病院にコロナ後遺症外来 不眠、脱毛、嗅覚異常などに対応

岡山大学病院
岡山大学病院
 岡山大病院(岡山市北区鹿田町)は15日、新型コロナウイルス感染症の後遺症を専門に診療する「コロナ・アフターケア外来」を開設する。複数の診療科が連携して対応する。同大病院によると、後遺症の専門外来は、聖マリアンナ医科大病院(川崎市)などに設置されているが全国的にも珍しいという。

 海外の研究では、コロナの後遺症は不眠や脱毛、嗅覚異常、呼吸困難、筋力低下などさまざま。コロナに感染した人の半数以上に症状が出るとの報告もある。

 総合内科・総合診療科に設置。月、火曜の午後1時から診察する。血液検査や問診などで後遺症の原因を探り、精神科神経科や皮膚科、耳鼻咽喉科などの専門医と連携して治療する。遠方から通院する患者に対しては地域の医療機関と協力し、長期的な診療態勢を整える。

 対象は発症後1カ月以上症状が続く患者。受診にはかかりつけ医の紹介状が必要となる。

 同大病院総合内科・総合診療科の萩谷英大准教授(感染症専門医)は「感染を公言できず、1人で後遺症に悩んでいる人もいるはず。症状を緩和させ、QOL(生活の質)向上に力を尽くしたい」と話している。

(2021年02月10日 20時42分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ