山陽新聞デジタル|さんデジ

ヒーローがコロナと闘う園児応援 東児ライダー8、4校園にタオル

サンマリン認定こども園にフェースタオルを届ける東児ライダー8(左)=岡山南商工会東児支所提供
サンマリン認定こども園にフェースタオルを届ける東児ライダー8(左)=岡山南商工会東児支所提供
東児ライダー8のキャラクターがデザインされたフェースタオル
東児ライダー8のキャラクターがデザインされたフェースタオル
 新型コロナウイルスと闘うみんなを応援するぞ―。玉野市東児地区のご当地ヒーロー「東児ライダー8(エイト)」が地元4校園の園児、児童らにオリジナルフェースタオルをプレゼントした。集団生活を送る子どもたちの手洗い習慣確立に役立ててもらう。

 タオルは縦34センチ、横85センチ。赤を基調とした東児ライダー8が白地に映え、周りには親友のオカッチや、悪役のワル・ショール、ヨ・ゴーレとその子分の顔が並ぶ。

 サンマリン認定こども園には13日、交流保育を行っている鉾立認定こども園と合わせた園児145人分を持参。「みんな手洗い、うがいしてくれよ」と呼び掛け、園庭などで記念撮影した。胸上小、鉾立小にも全校児童分を届けた。

 岡山南商工会東児ライダー実行委員会が企画。2020年度は予定したイベントの出動がなかったため、事業費約30万円で400枚作った。公式グッズは12、13年にタオルハンカチを作って以来。タオルを見た大人からも「欲しい」との声が上がったため、ふれあいフェスティバル(11月)などの機会に向けて追加製作を検討している。

(2021年01月28日 18時46分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ