山陽新聞デジタル|さんデジ

ワクチン優先接種123施設公表 岡山県、接種施設の病院など

岡山県庁
岡山県庁
 岡山県は27日、3月中旬にも始める医療従事者らへの新型コロナウイルスワクチンの優先接種について、接種施設となる病院など123施設を公表した。このうち近隣施設へのワクチンの供給拠点にもなる「基本型施設」には、岡山市立市民病院(岡山市)や川崎医科大付属病院(倉敷市)など21施設を選んだ。

 県によると、接種施設は県内に24ある地区医師会の管轄エリア全てに少なくとも1施設を確保。主な内訳は岡山市医師会24▽倉敷医師会17▽津山市、玉野市医師会各7▽高梁、和気、真庭市医師会各6―など。公表施設以外にも自院の医療従事者に限って接種を行う施設が25ある。

 基本型施設には、国からワクチンを保管するための超低温冷凍庫が2月末までに配備される見通し。ここを起点に近隣の「連携型施設」にワクチンを冷蔵輸送し、効率的な接種を図る。

 医療従事者らへの優先接種に続き、市町村が3月下旬以降、高齢者や基礎疾患がある人、一般の住民に順次実施する予定。県は接種施設に対し、引き続き接種に協力可能かどうかを尋ねる意向調査を実施する方針。

 接種施設の一覧は県ホームページに掲載している。

(2021年01月27日 19時53分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ