山陽新聞デジタル|さんデジ

広報表紙に「STU48」 玉野市議会、アイドル初起用

STU48が表紙を飾る「たまの市議会だより」第220号
STU48が表紙を飾る「たまの市議会だより」第220号
 2月1日発行の岡山県玉野市議会の広報紙「たまの市議会だより」第220号の表紙を、瀬戸内7県を拠点に活動するアイドルグループ「STU48」が飾る。1966年5月の創刊以来、アイドルを起用するのは初めて。

 昨年11月、宇野港開港90周年記念イベントに参加した福田朱里さん、今村美月さん、沖侑果さん、薮下楓さん、石田千穂さん、中村舞さんの6人が専用劇場船「STU48号」の上でポーズを取る写真。ブルーを基調とした衣装や青い甲板に映えるよう表題は落ち着いたピンク色にした。

 内容は、市議14人が登壇した昨年12月定例会一般質問の要旨、市スポーツ振興財団使途不明金問題調査特別委員会(百条委)の中間報告概要、議案の審議結果など。この春で活動を終えると発表されている「STU48号」を購入して市民ホールとして活用するよう求める論戦も収録されている。

 市議会事務局は「市議会では市の将来にかかわる議論が行われている。表紙からお堅いイメージを打ち破り、若者世代に関心を持ってもらえれば」としている。

 A4判、20ページ。2万5700部印刷しており、26日から市の「広報たまの」と併せて市内の各世帯に配布している。市議会ホームページでも閲覧できる。

(2021年01月27日 09時47分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ