山陽新聞デジタル|さんデジ

尾身氏、情報共有に不満 コロナ対応で課題3点提示

 衆院予算委で答弁する新型コロナウイルス感染症対策分科会の尾身茂会長=26日午後
 衆院予算委で答弁する新型コロナウイルス感染症対策分科会の尾身茂会長=26日午後
 政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会の尾身茂会長は26日の衆院予算委員会に参考人として出席し、これまでのコロナ対応に関し不満を示した。政府と地方自治体の間で感染状況に関する迅速な情報共有ができず「最もフラストレーションを感じた」と表明。国民への情報発信、責任と権限の一元化と合わせた3点が改善すべき課題だと訴えた。

 緊急事態宣言再発令中を理由に「過去を振り返る余裕はない」と断った上で発言。情報発信については、「コロナ疲れ」で国民の理解が得られにくくなったと指摘。感染が落ち着いた昨夏の段階で「医療提供体制や保健所機能の強化をしておけばよかった」と述べた。

(2021年01月26日 20時51分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ