山陽新聞デジタル|さんデジ

米、習主席の協調要請に応じず 強硬路線を維持、同盟国と連携

 ホワイトハウスで記者会見するサキ米大統領報道官=25日、ワシントン(ロイター=共同)
 ホワイトハウスで記者会見するサキ米大統領報道官=25日、ワシントン(ロイター=共同)
 【ワシントン共同】サキ米大統領報道官は25日の記者会見で、中国の習近平国家主席がバイデン政権に協調を呼び掛けたことに対し「中国への対応は変わらない」と述べた。米中関係が極度に悪化したトランプ前政権からの政策転換を望む習氏の要請に直ちには応じず、一定の強硬路線を維持する考えを表明。同盟国と連携した対中政策を進める姿勢を強調した。

 サキ氏は、米国が「21世紀を定義づける中国との熾烈な競争」の中にあると指摘した上で、中国の振る舞いが米国の労働者や国際機関に悪影響を与えていると批判。「バイデン大統領は多国間主義の姿勢で中国に臨む」と語った。

(2021年01月26日 07時54分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ