山陽新聞デジタル|さんデジ

岡山県内は暖かい朝に 最低気温4月上旬並みも

断続的に雨が降り、暖かい朝となった岡山市中心部=22日午前9時28分
断続的に雨が降り、暖かい朝となった岡山市中心部=22日午前9時28分
 22日朝の岡山県内は、南からの暖かい湿った空気の影響で断続的に雨が降り、地表の熱が奪われる放射冷却が起きず、最低気温が岡山市中心部で6・3度(平年0・9度)となるなど各地で3月下旬から4月上旬並みの暖かさとなった。

 その他の最低気温は、笠岡市6・8度(平年氷点下0・4度)、倉敷市5・9度(同氷点下0・2度)、津山市4・0度(同氷点下1・9度)、真庭市久世4・0度(同氷点下2・0度)、新見市千屋0・8度(同氷点下4・4度)―など。平年を7・2~5・1度上回った。

 岡山地方気象台は「24日ごろまでは雲に覆われ、朝の最低気温は平年より5、6度ほど高いだろう」としている。

(2021年01月22日 11時14分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ