山陽新聞デジタル|さんデジ

グランプリ美人部門に小西さん 岡山のコンテスト モデルなどへ一歩

グランプリに選ばれた(左から)難波さん、斉藤さん、小西さん
グランプリに選ばれた(左から)難波さん、斉藤さん、小西さん
 岡山市出身の女優・桜井日奈子さんを発掘した「おかやま美少女・美人コンテスト」(同コンテスト運営委員会主催)の第6回グランプリが決まった。キッズ部門は津山市の小学6年斉藤有愛さん(12)、美少女部門は岡山市の中学1年難波真梨愛さん(13)、美人部門は同市の大学3年小西彩香さん(21)が選ばれた。

 キッズ(小学5、6年)、美少女(中高生)、美人(19~25歳)の3部門に138人が応募。昨年12月中旬に書類審査の通過者を対象にビデオ会議システムによる面接を実施し、その後のカメラテストを経て最終候補30人から、タレント事務所関係者らが選考した。今回は初めて公開審査を見送るなど新型コロナウイルス感染予防のためオンラインを中心に行い、同月30日に特設サイトでグランプリをはじめ入賞者15人を発表した。

 斉藤さんは、友人が前回のグランプリに輝いたことを受けて初応募。将来はK―POPアイドルを目指しており「夢に一歩近づけた。かっこいいアイドルになれるよう頑張りたい」と声を弾ませる。

 3度目の挑戦の難波さんは前回、審査員賞を受賞したが、負けず嫌いの性格からリベンジ。モデルに興味があり「やっとグランプリがとれた。かわいい服を着こなせるようになりたい」と話す。

 小西さんは人前に出ることに苦手意識があるといい、就職活動が始まる前に内気な性格を変えようと初めて受けた。「家族も喜んでくれた。生まれ育った岡山のPR活動に携わりたい」と意気込む。

(2021年01月18日 16時37分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ