山陽新聞デジタル|さんデジ

北日本と北陸で大雪の恐れ 再び強い冬型の気圧配置

 北日本(北海道、東北)、北陸は19日にかけて冬型の気圧配置が強まる見通しで、気象庁は18日、大雪や暴風雪、高波に警戒を呼び掛けた。特に北日本は猛吹雪や吹きだまりによる交通障害の恐れがある。大気の状態も非常に不安定になるとみられるため、竜巻などの激しい突風や雷、ひょうにも注意が必要だ。

 気象庁によると、19日午前にかけて急速に発達する二つの低気圧が日本海から北日本へ進み、日本付近は冬型の気圧配置が強まりそうだ。また、19日には上空約1500メートルに北日本で氷点下18度以下、北陸で氷点下12~同15度の強い寒気が流れ込む見込み。

(2021年01月18日 12時32分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ