山陽新聞デジタル|さんデジ

倉敷市議選告示 現新51人立候補 24日投開票

新型コロナ対策のため、出席者の間隔を空けて行われた出陣式(画像の一部を加工しています)
新型コロナ対策のため、出席者の間隔を空けて行われた出陣式(画像の一部を加工しています)
 任期満了に伴う倉敷市議選(定数43)は17日告示され、現職37人、新人14人の計51人が立候補した。新型コロナウイルスの感染が急速に広がる中、各陣営は対策にも気を配りながら出陣式などを行い、7日間の選挙戦がスタートした。投票は24日。

 地域に大きな被害をもたらした2018年7月の西日本豪雨発生から初の市議選となり、被災者の生活支援や豪雨の経験を踏まえた防災施策の拡充が問われる。新型コロナ対策や人口減社会を見据えた地方創生、子育て支援なども争点となる。

 党派別では、公明7人、共産4人、日本維新の会1人、NHKから自国民を守る党1人、無所属38人。連合岡山は傘下労組出身の無所属7人(現職6、新人1)を推薦する。

 立候補者数が4年前の前回と同じ定数を8人上回る激戦で、うち新人が1人増えた。新型コロナの影響により、屋内での集会自粛や支援者との握手を控えるなど運動を制約する動きがあり、有権者に政策や名前をどう伝えていくのかも焦点。

 届け出を済ませた候補者は選挙事務所などで第一声。倉敷地区の現職は、コロナ禍に触れ「弱者や中小企業への即効力のある支援が必要」と主張。児島地区の新人は「未来へ希望が持てるまちをつくることで地元に恩返しをしたい」と訴えた。出陣式の会場では参加者の検温をするなど、感染防止策を講じた。

 投票は24日午前7時から午後8時まで市内122カ所で行われ、同9時15分から同市福田町古新田の水島緑地福田公園体育館で開票される。

 16日現在の有権者数は39万6494人(男19万1481人、女20万5013人)。

◇倉敷市議選立候補者(届け出順)

上  実章 62 無新  NPO理事長
難波 朋裕 49 無現(3) 保健福祉委員長
三宅 誠志 62 共現(1) 文化産業委員
荒木 竜二 55 無現(3) 会社役員
水田 大助 36 無新  社団法人顧問
大守 秀行 54 無現(2) 会社員
大橋  賢 68 無現(7) 会社社長
小郷ひな子 47 無現(1) 元PTA会長
新垣 敦子 60 公現(2) 総務委員長
藤原 薫子 46 無現(4) 市民文教委員長
原田 龍五 65 無現(4) 元議長
北畠 克彦 64 無現(3) 元市民環境委長
井出 妙子 54 公現(1) 党県女性局次長
中島 光浩 53 無現(3) 文化産業委員長
平井 俊光 49 無新  会社役員
大橋 健良 56 無現(3) 会社員
守屋 弘志 66 無現(1) 会社役員
中西 善之 51 公新  党県IT副委長
塩津 孝明 57 無現(3) 会社員
服部 泰兵 55 無新  元衆院議員秘書
佐藤  浩 67 無新  旅行業代表
武則 史園 43 無新  会社役員
若林 昭雄 60 無現(1) 会社経営
片山 貴光 48 無現(2) 地方創生委員長
中西 公仁 64 無現(3) 地区社協会長
松成 康昭 47 無現(2) 会社員
生水 耕二 60 公現(4) 党市議団幹事長
塩津  学 49 無現(4) 会社役員
田辺 牧美 65 共現(1) 元特養施設長
矢野 周子 67 無現(5) 元文産委員長
三村 英世 52 無現(5) 副議長
斎藤武次郎 57 無現(7) 議長
薮田 尊典 49 公現(2) 党県青年局次長
瀧本  寛 53 無新  会社員
梶田 省三 64 公現(7) 党県本部副代表
尾崎 勝也 49 無新  電器店経営
末田 正彦 62 共現(4) 土地家屋調査士
田口 明子 41 共現(1) 診療放射線技師
藤井 昭佐 54 無現(3) 行政書士
犬飼 良臣 50 無新  元中学講師
日向  豊 46 無現(2) 決算特別委員長
秋田 安幸 67 無現(7) 環境水道委員
時尾 博幸 44 無現(4) 元副議長
森   守 75 無現(7) 元議長
仙田 貴孝 61 公新  党県団体局次長
芦田 泰宏 54 無新  元商社支店長
越智 寛之 46 N新  IT会社社長
親 佑次郎 32 無新  NPO理事長
伊東 裕紀 39 無現(3) 環境水道委員長
赤沢 幹温 60 維現(4) 大学講師
山畑 滝男 63 無現(3) 社福法人理事

(2021年01月17日 20時36分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ