山陽新聞デジタル|さんデジ

ロシアの処分軽減にIOC意向も 不正巡るCAS裁定に非難の声

 スイスのローザンヌにある国際オリンピック委員会(IOC)本部(ロイター=共同)
 スイスのローザンヌにある国際オリンピック委員会(IOC)本部(ロイター=共同)
 【ジュネーブ共同】組織的なドーピング問題でロシア選手団を東京五輪・パラリンピックから除外した処分を巡り、スポーツ仲裁裁判所(CAS)が処分期間を短縮するなど軽減した裁定に国際オリンピック委員会(IOC)の意向が影響していた可能性が明らかになった。CASはロシア当局が「隠蔽の隠蔽を行った」と認定しており、矛盾する判断に非難の声が噴出している。

 CASが14日に公表した186ページの裁定報告書によると、IOCは世界反ドーピング機関(WADA)が科した4年間の処分がロシアの若い選手やIOC委員に及ぼす影響について配慮を求めていた。

(2021年01月16日 15時56分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ