山陽新聞デジタル|さんデジ

新型コロナ 岡山県で新たに38人 倉敷で2件のクラスター

岡山県庁
岡山県庁
 岡山県内で14日、新たに計38人の新型コロナウイルス感染が明らかになった。倉敷市19人、岡山市14人、総社市3人、津山市、里庄町各1人。倉敷市で県内40、41例目のクラスター(感染者集団)が発生した。県内での感染確認は1966人となった。

 40例目のクラスターは、倉敷市議の事務所。市議の知人1人の感染が分かり、既に感染が判明している市議ら4人と合わせ、感染者は計5人となった。高齢者福祉施設でも職員1人と入所者5人が感染。既に感染が判明している職員ら3人と合わせた感染者は計9人となり、クラスターと判断された。

 また、クラスターが発生した接待を伴う飲食店で新たに客1人の感染が分かり、感染者は計31人。

 県によると、総社市の3人はクラスターが発生した岡山市の飲食店利用客。同市によると、感染者は計20人になった。

(2021年01月14日 20時32分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ