山陽新聞デジタル|さんデジ

土砂崩れで2人死亡、栃木 那須塩原市、耐震補強工事中

 土砂が崩れ、男性作業員が巻き込まれた栃木県那須塩原市の工事現場=14日午後5時23分
 土砂が崩れ、男性作業員が巻き込まれた栃木県那須塩原市の工事現場=14日午後5時23分
 14日午後3時ごろ、栃木県那須塩原市中内の工事現場で土砂が崩れ、いずれも20代の男性作業員2人が巻き込まれたと119番があった。栃木県警によると、2人は病院に搬送されたが、いずれも死亡が確認された。

 工事を担当していたNEXCO東日本などによると、東北自動車道に架かる橋の耐震補強工事中だった。橋脚のコンクリート部分に鉄筋を打ち込むための準備作業が行われていたという。橋脚周辺の路面を深さ数メートル掘削していたが、穴の側面に設置していた鉄板ごと土砂が崩れ、中にいた2人が巻き込まれたとみられる。

 現場は東北道の黒磯板室インターチェンジ付近で、高速道路の側道。

(2021年01月14日 19時56分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ