山陽新聞デジタル|さんデジ

巨大地震に備え 岡山県が図上訓練 52団体330人、初動対応確認

南海トラフ巨大地震を想定した図上訓練に臨む県職員=県庁の防災・危機管理センター
南海トラフ巨大地震を想定した図上訓練に臨む県職員=県庁の防災・危機管理センター
 岡山県は12日、近い将来に発生が予想される南海トラフ巨大地震に備えた図上訓練を行った。関係機関と連携して被害情報の収集や救助隊の派遣調整といった初動対応を確認した。

 和歌山県南方沖を震源とするマグニチュード9クラスの地震で、岡山県内は最大震度6強を観測、家屋倒壊など多数の被害が発生している―との想定で実施。県警や市町村、ライフライン事業者、道路管理会社など52団体の約330人が取り組んだ。

 県庁の防災・危機管理センターでは、県職員が電話や専用の防災情報システムで各市町村から人的被害情報を集約。被害が集中し、現地の消防隊などの手が回らないというケースでは、県警や自衛隊などに救助隊の派遣を要請した。

 塩出則夫危機管理監は「訓練を重ねて市町村や関係機関との連携を深め、災害時に迅速で確実な初動対応を取れるようにしたい」と話した。

(2021年01月12日 12時14分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ