山陽新聞デジタル|さんデジ

インドの曹源寺、本堂建設支援を 13日から天満屋岡山店で慈善展

ボディ・ダルマさん
ボディ・ダルマさん
印度山曹源寺の禅堂で修行に励む子どもら
印度山曹源寺の禅堂で修行に励む子どもら
児島さんの板皿に原田住職が揮ごうしたチャリティー展出品作
児島さんの板皿に原田住職が揮ごうしたチャリティー展出品作
 岡山藩主池田家の菩提(ぼだい)寺・曹源寺(岡山市中区円山)で修行したインド人禅僧が母国に開いた「印度山(いんどさん)曹源寺」の本堂建設を支援しようと、岡山の財界人や文化関係者でつくる「曹源寺に親しむ会」(会長・桑田茂RSK山陽放送社長)が13~19日、岡山市北区表町の天満屋岡山店5階美術画廊で墨蹟(せき)チャリティー展を開く。

 印度山曹源寺は、岡山で約30年修行したボディ・ダルマ(菩提達磨)さんが2016年、インド中部のアディラバード市に建立。禅堂や食堂を備え、各地から集まったカースト下層の子どもらと寝食を共にしながら修行に励んでいるが、まだ本堂がない。今年は新型コロナウイルス禍で、建設資金を得るための托鉢(たくはつ)に出向くのも難しい状況という。

 曹源寺の原田正道住職から相談を受けた同会が「日印の曹源寺の発展につながる」とチャリティー展を企画。原田住職が「日々是好日」「一期一会」といった禅語をしたためた書をはじめ、陶芸家児島塊太郎さん(総社市)の茶わんや板皿、木工作家高月国光さん(真庭市)の漆器など約100点を並べる。

 世話人の沢原一志・高梁市成羽美術館長は「原田老師の教えが仏教発祥の地に広まり、禅の拠点として発展していくのを後押ししたい」と話す。販売益は全額、印度山曹源寺に寄付する。問い合わせは同画廊(086―231―7523)。

(2021年01月08日 10時05分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ