山陽新聞デジタル|さんデジ

新型コロナ、岡山県で66人感染 過去2番目の多さ

岡山県庁
岡山県庁
 岡山県内で7日、66人の新型コロナウイルス感染が明らかになった。1日当たりの感染者数では過去2番目に多い。岡山市35人、倉敷市25人、玉野、津山、真庭市、奈義、早島町各1人と神奈川県在住者1人で、岡山県内での感染確認は1648人となった。

 倉敷市の9人と岡山市の5人は、クラスター(感染者集団)が発生した倉敷市内の接待を伴う飲食店の従業員や客。同市によると、一連の感染者は計24人。津山市の1人はクラスターが起きた市内の高齢者入所施設の職員で、感染者は19人目。

 66人のうち15人の感染経路が不明。岡山市の3人が中等症という。

 山陽新聞倉敷販売(倉敷市)は7日、北支店勤務の社員1人の感染を発表した。同社は同支店を閉鎖し消毒、拠点を近隣に移して配達業務を継続している。

【新型コロナウイルス 岡山の感染状況まとめ】

(2021年01月07日 20時04分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ