山陽新聞デジタル|さんデジ

子育て家庭支援へ食品など募る 美作お助け隊 12日から受け付け

「フード&ライフドライブ」で寄せられた食料品などを仕分ける関係者=昨年9月
「フード&ライフドライブ」で寄せられた食料品などを仕分ける関係者=昨年9月
 美作市内の社会福祉法人などでつくる連絡組織「美作お助け隊」は12日から、食料品や日用品を募り、必要とする家庭に届ける取り組み「フード&ライフドライブ」を行う。22日まで寄付を受け付け、新型コロナウイルス感染拡大の影響で経済的に苦しい家庭や、子育て家庭などの支援につなげる。

 食品は賞味期限が3月以降が対象。米や、パスタなどの乾麺、菓子、インスタント食品、缶詰、粉ミルク、調味料などを集める。生鮮食品や冷凍食品、酒類は受け付けない。日用品はマスクや消毒液のほか、ティッシュペーパーやトイレットペーパー、洗剤、生理用品などの提供を呼び掛ける。

 寄せられた物品は、生活資金の貸し付けなどの相談に市社会福祉協議会を訪れた人や、支援を継続している家庭などに届ける。

 初めて取り組んだ昨年1月は食料品(フード)を募る「フードドライブ」として実施。2回目の昨年8~9月は日用品(ライフ)も対象に加えて行ったところ、約千点計208キロ分が寄せられた。

 受け付けは以下の14施設と、市社協の本所・各支所で。日時は土日を除く午前9時~午後5時。問い合わせは市社協(0868ー75ー2622)。

 美作地域 特別養護老人ホームみまさか園、スタート・ワーキング・サポート、グループホーム湯郷、特別養護老人ホーム蛍流荘、相談支援センターほのか美作、児童発達支援事業所めばえ▽勝田地域 総合ケアサービスセンターかつた、ライフサポートきづな、地域生活支援センターみまさか▽英田地域 特別養護老人ホームロマンシティあいだ、福祉の店きずな、ワークサポート▽大原地域 特別養護老人ホームやすらぎ荘▽作東地域 特別養護老人ホーム作東寮

(2021年01月08日 12時32分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ