山陽新聞デジタル|さんデジ

卒業や進級に向け3学期頑張ろう 岡山と早島の公立小中で始業式

テレビ放送を通じた3学期の始業式に臨む高島小の児童
テレビ放送を通じた3学期の始業式に臨む高島小の児童
 岡山県内の公立小中学校のトップを切って6日、岡山市と早島町の学校で3学期の始業式が行われた。新型コロナウイルス対策を講じながら充実した学年の締めくくりとなるよう、学校生活をスタートさせた。

 岡山市中区国府市場の高島小(約1080人)はテレビ放送で式を行い、児童は各教室で臨んだ。松原弘校長は「新型コロナの影響で我慢が続くが、卒業や進級に向け、目標を持って最後の学期を頑張ろう」と呼び掛けた。

 6年A組の教室では、換気のため一部の窓を開けたままにして児童たちが放送を見た。式の後、冬休みの宿題の書き初めなどを担任の居森陽平教諭(28)に提出した。

 同小の6年生は昨年10月に関西方面への修学旅行を予定していたが、行き先を倉敷市の美観地区と鷲羽山ハイランドに変更して今月13日に実施する。児童(11)は「残念な気持ちはあるけど、友達と一緒に最高の思い出をつくりたい」と話していた。

 岡山県内の他市町村の公立小中学校は7、8日に始業式を行う。

(2021年01月06日 11時32分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ