山陽新聞デジタル|さんデジ

新型コロナ 岡山県51人感染 県内1523人に

岡山県庁
岡山県庁
 岡山県内では5日、新たに51人の新型コロナウイルス感染が明らかになった。岡山市35人、倉敷市12人、総社市2人、津山、井原市各1人。倉敷市内2施設ではクラスター(感染者集団)が発生。県内での感染確認は1523人となった。

 倉敷市がクラスターと判断したのは接待を伴う飲食店と、はり・きゅうなどの施術所。飲食店では市内在住の関係者2人と、市外在住2人の感染が分かった。既に感染が判明している関係者1人と合わせ同店での感染者は計5人。施術所の新たな感染確認は従業員1人で感染者は計5人になった。市はいずれも利用者らを把握しており、店名は公表しなかった。

 同市は、クラスターが発生している社会福祉法人が運営する高齢者福祉施設の介護従事者1人の感染も発表。このクラスターの感染者は計67人になった。

 岡山市では、クラスター認定されている接待を伴う飲食店(同市)で、新たに従業員と利用客の計15人の感染が判明。同店の感染者は31人。県によると、津山市の80代女性はクラスターとなっている高齢者入所施設(同市)の入所者。同施設での感染者は18人。

 51人のうち、岡山市の70代女性2人と、津山市の女性が中等症。48人は無症状か軽症という。10人の感染経路が分かっていない。

(2021年01月05日 20時47分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ