山陽新聞デジタル|さんデジ

新型コロナ 岡山県33人感染 県内1472人に

岡山県庁
岡山県庁
 岡山県内では4日、新たに33人の新型コロナウイルス感染が判明した。岡山市19人、倉敷市13人、県発表分は大阪府在住者1人。県内での感染確認は1472人となった。

 岡山市では、クラスター(感染者集団)が発生した接待を伴う飲食店の利用客3人の陽性が新たに分かり、同店での感染者は計16人になった。同店を利用した感染者が訪れた別の接待を伴う飲食店でも、従業員ら5人の感染が判明。市はクラスターと判断した。店名は客を把握できているとして公表しなかった。

 倉敷市の9人は、感染者の同居家族など濃厚接触者または接触者だった。

 県が発表した大阪府在住者は、既に感染が判明している浅口市の患者ら3人と昨年末に県内のカラオケ店を利用。個室で他の客と接触がなかったとして、店名は非公表とした。

 33人はいずれも軽症か無症状。うち7人の感染経路が分かっていない。

本社社員が感染

 山陽新聞社(岡山市北区)は4日、本社勤務の30代男性社員が新型コロナウイルスに感染したと発表した。

 男性は2日に陽性が分かった30代女性と同居。濃厚接触者となっており、3日にPCR検査を受け、4日に陽性と判明した。男性は記者職ではなく、昨年12月29日以降出社していない。

(2021年01月04日 20時34分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ