山陽新聞デジタル|さんデジ

新型コロナ、岡山県で21人感染 岡山市で県内30例目クラスター

岡山市内で新たに判明した感染者について会見する市の担当者
岡山市内で新たに判明した感染者について会見する市の担当者
岡山県庁
岡山県庁
 岡山県内で27日、21人の新型コロナウイルス感染が確認された。岡山市11人、倉敷市6人、瀬戸内市3人、津山市1人。岡山市で県内30例目のクラスター(感染者集団)が発生した。

 岡山市によると、既に利用客4人の感染が明らかになっている市内の飲食店で、新たに同席した1人の感染が判明。5人は会社の同僚で、個室で他の客との接触はなかったとして、店名は非公表とした。

 倉敷市は、感染していた高齢者1人が死亡したと発表した。県内での感染者の死亡は14人目。

 県内での感染確認は1265人となった。

 一方、広島国税局は同日、岡山東税務署(岡山市北区天神町)の職員1人の感染を公表した。

【新型コロナウイルス 岡山の感染状況まとめ】

(2020年12月27日 20時57分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ