山陽新聞デジタル|さんデジ

後楽園 新春行事を全て中止に 新型コロナ感染拡大で

後楽園
後楽園
 岡山市の後楽園は25日、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、来年1月1~3日に予定していた箏曲演奏や狂言の上演などの正月行事を全て中止すると発表した。1日の入園無料は実施する。

 中止するのは、延養亭で行う「新春箏曲の会」(1日)、能舞台での「田賀屋狂言会祝賀狂言」(2日)、「囃子桜友会新春演奏会」(3日)の3行事。

 タンチョウの園内散策(1、3日)は、今月9日に矢掛町で野生のハヤブサの死骸から高病原性鳥インフルエンザウイルスが検出されたことを受け既に中止を決めている。

 同園には正月三が日は例年約2万5千人が訪れるといい、信江幸雄所長は「県内の医療体制が逼迫(ひっぱく)している状況を踏まえ、中止を判断した」と話している。

(2020年12月25日 12時13分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ