山陽新聞デジタル|さんデジ

小児がん経験の福島君がサンタに 大阪の病院でプレゼント贈る

入院している友達にプレゼントを届けた福島宗佑君(左から3人目)ら=提供写真
入院している友達にプレゼントを届けた福島宗佑君(左から3人目)ら=提供写真
 小児がんの一つ、脳腫瘍で手術や入院を経験した小学生がクリスマスイブの24日、サンタクロースになった。倉敷市立長尾小5年福島宗佑君(11)。定期的に検査を受ける大阪市立総合医療センター(同市)で、病気と闘う“友達”に「元気になって」とプレゼントを贈った。

 宗佑君は2017年の夏に病気が見つかった。同センターに入院中には病室でクリスマスを迎えた。そんな時、うれしかったのは各種団体から届いたプレゼントだったことから「今度は僕が入院しているみんなを元気にしたい」とサンタ役を買って出た。

 活動は、小児がんの経験者や家族でつくる一般社団法人「みんなのレモネードの会」(横浜市)が17年からスタートした。病気の後遺症などと向き合いながら頑張る子どもらがサンタになる。

 今回は宗佑君の検査に合わせて行われた。同時期に入院していた友人の泉潤平君=大阪市、小6=らと一緒に、同会のシンボルカラーの黄色いサンタクロースの帽子をかぶって、アニメ映画などのDVDとおもちゃ、「早く治りますように」と書いたメッセージを届けた。得意の手品やジャグリングも披露し、宗佑君は「みんなが喜んでくれて良かった」と話していた。

 同会は今年、県内の岡山大病院と井原市民病院を含めた全国13カ所の病院と施設にプレゼントを贈る予定で、宗佑君は1日に岡山大病院にも届けた。

(2020年12月24日 18時15分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ