山陽新聞デジタル|さんデジ

新型コロナ 岡山県35人感染 津山工業高でクラスター

岡山県庁
岡山県庁
 岡山県と岡山、倉敷市は23日、計35人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。岡山市18人、倉敷市6人、津山、真庭市各5人、総社市1人。県教委などによると、津山市の5人は津山工業高(同市)の同じクラスに在籍し、既に判明している1人と合わせて同高の感染者は6人となり、県は県内29例目のクラスター(感染者集団)と判断した。県立高でのクラスター発生は初めて。

 同高は1人目の感染が分かった21日午後、生徒が在籍するクラスのみ学級閉鎖したが、新たに5人の感染を受けて22日は全校で授業を打ち切り、消毒を実施。23日は臨時休校とした。

 県教委によると、真庭市の2人は別の県立高生徒。クラスターではないとして校名は明らかにしていない。同市の他の3人は、同市教委が久世中の生徒2人と落合小の学校職員1人だと公表した。両校とも24日の終業式は行う。

 岡山市の5人は県内最大のクラスターが発生した縫製工場の従業員の家族や知人ら。県内での感染確認は1158人となった。

【新型コロナウイルス 岡山の感染状況まとめ】

(2020年12月23日 20時02分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ