山陽新聞デジタル|さんデジ

【ファジ】ファン感ダイジェスト 退団6選手のあいさつも

イベント終了後に笑顔で写真撮影するファジアーノ岡山の選手たち
イベント終了後に笑顔で写真撮影するファジアーノ岡山の選手たち
 サッカーJ2ファジアーノ岡山のファン感謝デーが21日、岡山市内で開かれた。ゲームを楽しむ様子や退団が決まった6選手のあいさつなどを写真と動画で紹介する。

 新型コロナウイルスの急激な感染拡大を受け、急きょファンクラブ会員向けのライブ配信のみに変更。選手たちはクイズやサッカーゲームなどではつらつとした“プレー”を披露した。

 最後には、来季も指揮を執る有馬賢二監督が「コロナ禍でもスタジアムや動画配信でいつも応援してもらいありがとうございます。皆さんの期待に応えられる成績ではなかったが、今季の悔しさを来年の戦いのパワーに変えたい」と呼び掛け、異例ずくめだった今季を支えたサポーターに感謝した。


新型コロナウイルスの急激な感染拡大を受け、急きょ無観客での開催になった
新型コロナウイルスの急激な感染拡大を受け、急きょ無観客での開催になった

クイズバトルに挑む選手たち
クイズバトルに挑む選手たち

客席で出番を待つ選手たち
客席で出番を待つ選手たち

途中には選手たちへのミニインタビューも行われた
途中には選手たちへのミニインタビューも行われた

サッカーゲームで一喜一憂する選手たち
サッカーゲームで一喜一憂する選手たち

ゲームのコントローラーを持つ顔は真剣そのもの
ゲームのコントローラーを持つ顔は真剣そのもの

ナイスプレーが飛び出すと、ピッチ同様にハイタッチで喜びを分かち合った
ナイスプレーが飛び出すと、ピッチ同様にハイタッチで喜びを分かち合った

ヘディングで卓球をする「へディス」で勝負する選手たち
ヘディングで卓球をする「へディス」で勝負する選手たち


 このほかの写真は「写真館」に収録しています。

(2020年12月22日 00時15分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ