山陽新聞デジタル|さんデジ

岡山電気軌道が「鉄カード」配布 500枚限定、グッズ購入者へ

岡山電気軌道(左)と和歌山電鉄の鉄カード
岡山電気軌道(左)と和歌山電鉄の鉄カード
 岡山電気軌道(岡山市中区徳吉町)は18日から、鉄道の利用促進に向けたトレーディングカード「鉄カード」の配布を始める。掲載した車両は「東武日光軌道復元号」で、500枚限定。同社のグッズを千円以上購入した人に無料で配る。

 鉄カードは、明知鉄道(岐阜県)が企画。2017年3月に第1弾が発行され、これまでに全国のローカル鉄道約70社が参画している。今回で12回目で、岡山電気軌道が参加するのは初めて。

 カードは縦約6センチ、横約9センチ。表面は1953年に製造された「東武日光軌道復元号」の写真を掲載。裏面は、東武鉄道日光軌道線(栃木県)の廃止に伴い、譲り受けた岡山電気軌道がワンマンに改造し、69年から運行していることなど、車両の説明などを載せた。

 グッズはおかでんミュージアム(同東山)で販売。英国の人気アニメ「チャギントン」の鉄道玩具・プラレールを購入した先着10人には、グループ会社の和歌山電鉄(和歌山市)の「鉄カード」も別にプレゼントする。

 問い合わせは岡山電気軌道(086―272―5520)。

(2020年12月16日 18時11分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ