山陽新聞デジタル|さんデジ

岡山県内 今冬一番の冷え込み 岡山市中心部で初氷を観測

 16日朝の岡山県内は、上空に真冬並みの寒気が流れ込んだ影響で各地でこの冬一番の冷え込みとなり、岡山市中心部では「初氷」を観測した。昨年より16日早く、平年より4日遅い。

 各地の最低気温は、奈義町が氷点下6・5度(平年は氷点下0・9度)、美作市が氷点下5・7度(平年は氷点下1・0度)、岡山市中心部が氷点下1・4度(平年は3・1度)、倉敷市が氷点下0・1度(平年は2・0度)―など。平年を1・1~5・6度下回り、全16観測地点のうち玉野市を除く15地点で氷点下となった。

 岡山地方気象台は「強い寒気の影響で、18日までは気温は平年よりも低くなる。県北部の山地沿いでは17日まで大雪に注意してほしい」としている。

(2020年12月16日 10時27分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ