山陽新聞デジタル|さんデジ

コロナ 岡山県で最多38人感染 県内777人に、クラスター発生

岡山県内で新たに感染が判明した感染者ついて会見する県の担当者=13日、県庁
岡山県内で新たに感染が判明した感染者ついて会見する県の担当者=13日、県庁
会見する岡山市の福井貴弘保健福祉局長(左)ら=13日
会見する岡山市の福井貴弘保健福祉局長(左)ら=13日
記者会見する倉敷市の伊東市長=13日
記者会見する倉敷市の伊東市長=13日
 岡山県内で13日、新たに計38人の新型コロナウイルス感染が確認された。1日当たりの感染確認は過去最多。倉敷市のカラオケのある飲食店と岡山市の訪問看護事業者で県内19、20例目のクラスター(感染者集団)が発生。県内の感染者数は777人となった。

 重症化リスクが高い高齢者を中心に感染が相次ぎ、県庁で会見した西嶋康浩・県保健福祉部長は「この状況が続けば入院先の調整や病床の確保が厳しくなる。マスク着用や換気などを徹底してほしい」と述べた。

 倉敷市は過去最多の27人で30~80代の男女。19例目のクラスターは12日に感染を公表した60代女性の濃厚接触者で、同市のカラオケのある飲食店の従業員と客の30~70代の男女13人。利用者を追跡できており、店名は非公表とした。同居家族を含む濃厚接触者計29人のPCR検査を進めている。

 18例目のクラスターとなった同市の同様の店では客の70、80代の男性2人が感染し、同店での感染者は計7人。この店と、17例目の同様の店のクラスターに関連し、30~70代の同居家族ら男女5人と、感染経路不明の50~80代の男女7人も陽性となった。症状は基礎疾患がある70代女性が一時重症だったが、現在は回復。残る26人は60代女性が中等症、25人は軽症か無症状という。

 岡山市は30~90代の男女9人で、いずれも無症状か軽症。30~50代の女性5人は同じ訪問看護事業者の従業員で、12日に公表した同僚2人と合わせて7人が感染した。同事業者の従業員は9人で、残る2人はPCR検査で陰性だった。今後、利用者28人の検査を進める。クラスター関連以外の4人のうち、2人は感染者の同居家族と知人。他の2人の感染経路は不明。

 県発表分は高梁市の30代男性医療従事者と同居する70代女性で、ともに無症状。この家族では別の2人の感染が判明している。

【新型コロナウイルス 岡山の感染状況まとめ】

(2020年12月13日 20時14分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ