山陽新聞デジタル|さんデジ

IOC改革85%達成とアピール 東京五輪4800億円節約

 【ジュネーブ共同】国際オリンピック委員会(IOC)は11日、中長期改革の指針で2014年に承認した「五輪アジェンダ2020」を85%達成したと発表した。経費削減や男女平等を目指す40項目の提言を実行し、東京大会は約45億8千万ドル(約4800億円)節約したとアピールした。

 IOCのバッハ会長は新型コロナウイルス禍を踏まえ「力を合わせれば何が達成できるかを示す素晴らしい例だ。ポストコロナの世界形成に貢献できる」とコメントした。来年3月の総会に総括の報告書を提出する。

(2020年12月12日 10時02分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ