山陽新聞デジタル|さんデジ

11月の岡山県 晴れの日多く 日照時間、全観測地点で平年超え

岡山大津島キャンパスのイチョウ並木=11月12日午後0時46分、岡山市北区津島中
岡山大津島キャンパスのイチョウ並木=11月12日午後0時46分、岡山市北区津島中
 岡山地方気象台がまとめた11月の気象概況によると、岡山県内は高気圧に覆われて晴れの日が多くなり、月間の日照時間は真庭市蒜山上長田が125・1時間(平年82・8時間)となるなど、4観測地点で11月の観測史上最長を記録した。

 他の3地点は新見市新見154・0時間(121・8時間)、同市千屋128・1時間(98・0時間)、真庭市久世126・8時間(101・9時間)。日照時間を観測する全15地点で平年値の16~51%増となった。

 平均気温は岡山市13・0度(平年12・3度)、倉敷市13・0度(11・7度)、津山市10・6度(9・3度)―など。観測する全16地点で平年を0・7~1・5度上回った。

 11月19日には暖かく湿った空気が流れ込み、最高気温が倉敷市で25・4度、瀬戸内市で24・5度まで上昇。いずれも11月としては最も高くなり、倉敷市は最も遅い夏日(25度以上)となった。

 12月の今後の天候について、岡山地方気象台は「冬型の気圧配置になるとともに寒気も入り込み、気温は平年並みか平年より低く推移。南部は晴れの日が多いが、北部は曇りや雪、雨の日が多くなるだろう」としている。

(2020年12月11日 19時30分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ