山陽新聞デジタル|さんデジ

美作の養鶏場で鳥インフル 高病原性の疑い、64万羽処分へ

鳥インフルエンザ陽性の鶏が確認された養鶏場=美作市滝宮((c)Google 岡山県提供)
鳥インフルエンザ陽性の鶏が確認された養鶏場=美作市滝宮((c)Google 岡山県提供)
美作の養鶏場で鳥インフル 高病原性の疑い、64万羽処分へ
 岡山県は10日、美作市滝宮の養鶏場で死んだ鶏からA型鳥インフルエンザのウイルスが検出されたと明らかにした。遺伝子検査で高病原性と判明すれば、県は養鶏場が飼育する約64万羽の殺処分を開始。伊原木隆太知事は自衛隊に災害派遣を要請する方針を示した。

 今季は養鶏場での鳥インフルエンザ発生が相次いでおり、これまでに広島、香川、福岡、宮崎、奈良、兵庫、大分、和歌山の計8県で確認されている。岡山での確認は2007年の高梁市、15年の笠岡市に続いて3例目となる。

 岡山県によると10日昼、養鶏場の農場主から「67羽の鶏が同じ場所に固まって死んでいる」と津山家畜保健衛生所に連絡があった。簡易検査で13羽の死骸のうち7羽で陽性が確認され、同日夜に遺伝子検査した。約64万羽の殺処分は国内最大規模となる。24時間態勢で行い、併せて消毒も実施する。

 美作市内には7カ所の養鶏場があり、約146万羽が飼育されている。養鶏場から半径3キロ圏内は鶏や卵の移動制限区域、同3~10キロ圏内は圏外に持ち出せない搬出制限区域に設定する。県は畜産関係の車両を対象とする消毒ポイントを美作、備前、赤磐市内の計6カ所に設ける。

 県は10日夜、対策本部会議を開催。700人態勢で対応に当たり、風評被害の防止にも努めることを申し合わせた。終了後、伊原木知事は「他県で発生して以来、細心の注意を払ってきただけに残念だ。殺処分は新型コロナウイルス禍の中での作業となり、関係機関と一丸になって取り組む」と述べた。

 鳥インフルエンザ A型インフルエンザウイルスが引き起こす鳥の病気。家畜伝染病予防法では、高病原性と低病原性に分けて区別され、高病原性に感染すると多くが死ぬ。国内では肉や卵を食べて人が感染した事例の報告はない。

(2020年12月10日 23時06分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ