山陽新聞デジタル|さんデジ

内村航平「納得のいく演技を」 11日に全日本体操男子予選

 オンラインで記者会見する内村航平=10日
 オンラインで記者会見する内村航平=10日
 体操男子の種目別鉄棒で東京五輪代表を目指す内村航平(リンガーハット)が10日、オンラインで記者会見し、11日の全日本選手権予選に向け「(鉄棒に絞ってからの)2試合ともあまり納得できていないので、そろそろ納得のいく演技を見せたい」と抱負を語った。

 6種目の個人総合で五輪2連覇の内村は11月の国際大会(東京)では鉄棒以外の種目も演技した。「鉄棒に絞っても結局はオールラウンダーなんだなと感じた」そうで「他の種目をやった方が(鉄棒で)体の動きがいい」と気付き、全日本では本番前に鉄棒以外の種目も練習する予定だ。

(2020年12月10日 17時01分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ