山陽新聞デジタル|さんデジ

著名人の聖火ランナー見送り検討 沿道「密」回避、調整は難航

 2月、聖火リレーのリハーサルに参加した俳優の石原さとみさん=東京都羽村市
 2月、聖火リレーのリハーサルに参加した俳優の石原さとみさん=東京都羽村市
 来年3月25日にスタートする東京五輪の聖火リレーで、政府が新型コロナウイルス対策として芸能人ら著名人ランナーの参加を見送る案を検討していることが9日、分かった。沿道に多数の人が殺到して「密」になる事態を避けるための措置だが、リレーへの注目度が下がり、大会機運醸成に影響が懸念される。政府は大会組織委員会などと協議する方針。人選した自治体やスポンサーの意向もあり、調整は難航が予想される。

 関係者によると、政府は聖火リレーで感染者が続出すれば、7~8月の大会本番に影響が出かねないとして新たな対策を検討した。

(2020年12月10日 06時33分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ