山陽新聞デジタル|さんデジ

IOC、五輪選手村の滞在制限 競技5日前、退去2日後

 IOC理事会に出席したバッハ会長=7日、ローザンヌ(IOC提供・共同)
 IOC理事会に出席したバッハ会長=7日、ローザンヌ(IOC提供・共同)
 【ジュネーブ共同】国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長は7日、オンライン形式の理事会後に記者会見し、新型コロナウイルスの影響で来夏に延期となった東京五輪の感染予防策として、選手村での滞在を各競技の開始5日前から終了後48時間(2日)以内に制限する新たなガイドライン(指針)を発表した。大会組織委員会と合意し、IOC選手委員会も了承したという。

 大会後半の陸上やレスリングの選手は開会式に、前半に登場する柔道や競泳、体操の選手は閉会式に参加できない可能性が出てきたが、同会長は「感染リスクを最小限に抑えるために滞在者数を減らす必要がある」と述べた。

(2020年12月08日 08時32分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ