山陽新聞デジタル|さんデジ

新型コロナ 広島県で新たに35人 県内感染千人超える、福山は3人

広島県庁
広島県庁
 広島県では5日、35人が新型コロナウイルスに感染したことが明らかになった。県内の感染確認は千人を超え1018人(再陽性を除く)となった。

 このうち福山市は3人。60代会社員は府中市の患者の濃厚接触者で、ほかの2人は詳細を調査中。

 福山市は4日発表の1人が市立城北中(同市木之庄町)の3年生だったことも公表した。同中の感染者は3人目。1日から臨時休校しており、1、2年生のみ7日から再開する予定。

 広島市は10歳未満~80代の25人。呉市は3人で、うち50代1人は県立学校に勤務する教職員という。県によると、東広島市の40代1人はクラスター(感染者集団)が発生した飲食店の利用客だった。

(2020年12月05日 21時47分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ