山陽新聞デジタル|さんデジ

萩野公介、個人メドレー2冠 松元も自由形で2種目制覇

 男子200メートル個人メドレーを1分57秒67で制した萩野公介のバタフライ=東京アクアティクスセンター
 男子200メートル個人メドレーを1分57秒67で制した萩野公介のバタフライ=東京アクアティクスセンター
 競泳の日本選手権第3日は5日、東京五輪会場の東京アクアティクスセンターで行われ、男子200メートル個人メドレーは萩野公介(ブリヂストン)が1分57秒67で制し、400メートル個人メドレーと2冠を達成した。

 男子400メートル自由形は松元克央(セントラルスポーツ)が3分49秒52で初優勝し、200メートルと合わせて2種目制覇。女子200メートルバタフライは長谷川涼香(東京ドーム)が2分8秒31で勝った。女子100メートル自由形は酒井夏海(スウィン美園)と大本里佳(ANAイトマン)がともに54秒64で1位となった。

(2020年12月05日 18時48分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ