山陽新聞デジタル|さんデジ

コロナの死者45人過去最多 重症者、初の500人超

 新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(米国立アレルギー感染症研究所提供)
 新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(米国立アレルギー感染症研究所提供)
 新型コロナ感染症の第3波が拡大する中、国内で感染が確認された死者が4日、45人となった。重症者も前日から8人増えて505人となり、いずれも過去最多を更新した。500人を超えたのは初めて。重症者が増え続け、医療の逼迫状況が改善する兆しは見えない。

 厚労省は同日、新型コロナウイルス患者向けの病床使用率(2日時点)が18都道府県で25%以上になったと公表した。「25%以上」は政府の対策分科会がステージ3(感染急増)の指標の一つとしている。

 全国の感染者は新たに2400人以上が確認された。死者は北海道13人、東京8人、埼玉と大阪各5人、神奈川と愛知各4人など。

(2020年12月04日 21時37分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ