山陽新聞デジタル|さんデジ

東京で8人死亡、449人感染 入院患者、緊急宣言解除後で最多

 東京都庁(中央)周辺
 東京都庁(中央)周辺
 東京都は4日、新型コロナウイルスの感染者が新たに449人報告されたと発表した。直近7日間で平均した1日当たりの人数は449・1人で、高水準が続いている。入院患者は前日より36人増えて1721人となり緊急事態宣言解除後では最多。うち重症者は1人減の53人となった。70~80代の男女8人の死亡も確認された。死者の累計は509人になった。

 新規感染者449人のうち感染経路が不明なのは221人。重症化しやすい65歳以上は63人だった。7日間平均で示す陽性率の最新値は6・3%。累計は4万2793人となった。死亡の8人は11月19日~12月3日にかけて亡くなった。

(2020年12月04日 21時06分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ