山陽新聞デジタル|さんデジ

医療費2割負担、22年秋以降へ 高齢者、所得線引き焦点

 医療費2割負担を巡る厚生労働省の試算
 医療費2割負担を巡る厚生労働省の試算
 政府、与党は4日、75歳以上の医療費窓口負担を2割へ引き上げる制度改革の施行時期を、2022年秋以降に先送りする方向で調整に入った。これまでは22年度初めまでにとしていた。対象者の所得の線引きが最大の焦点。自民党の下村博文、公明党の竹内譲両政調会長と田村憲久厚生労働相が4日、国会内で協議したが、合意には至らなかった。政府は引き続き調整し、同日夜に全世代型社会保障検討会議(議長・菅義偉首相)を開いて決定する方針。

 政府、自民党は2割となる対象者を年金収入年間170万円以上としたい考えだが、公明党は240万円以上とするよう主張している。

(2020年12月04日 12時22分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ