山陽新聞デジタル|さんデジ

新型コロナ、岡山県で10人確認 県内628人に

岡山県庁
岡山県庁
 岡山県と岡山、倉敷市は3日、新たに計10人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。県内での感染確認は再陽性を除いて628人となった。

 岡山市は20~90代の男女5人と性別年代非公表の2人の計7人。4人は感染者の濃厚接触者。残る3人の感染経路は分かっていない。

 倉敷市は2人。年代・職業非公表の女性は感染者の同居家族。もう一人は20代女性医療従事者で、市などによると、水島協同病院(同市水島南春日町)で2日に感染が発表された40代女性の同僚。同病院での感染者は3人となった。病院は最初に20代女性職員の感染が判明して以降、接触などがあった職員と患者の検査を行い、計54人は陰性だった。

 県発表分は、備前市の50代男性会社員1人で感染者の同居家族。

 県は3日、児童自立支援施設「県立成徳学校」(岡山市)に入所する10代男性の感染を発表。1日に感染確認された職員の濃厚接触者。同様に検査した職員33人と入所児童42人は陰性だった。残る入所児童2人も検査する。

 3日に感染が公表された10人はいずれも軽症か無症状という。

【新型コロナウイルス 岡山の感染状況まとめ】

(2020年12月03日 22時24分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ