山陽新聞デジタル|さんデジ

新型コロナ、広島県で46人感染 県内935人に

広島県庁(左)と広島市役所
広島県庁(左)と広島市役所
 広島県内では3日、計46人の新型コロナウイルス感染が判明した。1日当たりの感染発表者数は4月11日の26人を上回り過去最多。広島市の高齢者施設では市内8例目のクラスター(感染者集団)が発生した。県内の感染確認は935人(再陽性を除く)となった。

 広島市は市内の20~90代の計37人。高齢者施設では入所者と職員計17人の感染が分かり、市はクラスターと判断。入所者は70~90代の12人で、職員は40~70代の5人。入所者1人が1日に発熱し検査で感染が判明。他の16人は濃厚接触者、接触者として検査を受けた。接触した別の職員3人は検査中。施設は消毒して運営を続ける。

 県発表分は7人。府中市は60代2人と30代1人。廿日市、東広島市は20代が1人ずつ。尾道市は70代1人で三原市は50代1人。

 呉市でも高齢者施設に勤める40代と60代の2人の感染が判明した。

(2020年12月03日 21時54分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ