山陽新聞デジタル|さんデジ

社民の吉田、吉川氏が立民合流へ 入党時期は調整

 社民党の吉田忠智幹事長(左)、吉川元・副党首
 社民党の吉田忠智幹事長(左)、吉川元・副党首
 社民党の吉田忠智幹事長と吉川元・副党首が社民を離党し、立憲民主党に合流する意向を固めたことが分かった。立民側は年内の入党を要請しており、具体的な時期の調整を進める。関係者が3日、明らかにした。

 党所属の国会議員は4人。そのうち福島瑞穂党首は残留を表明している。照屋寛徳衆院議員も離党するとみられている。

 吉田氏は3日、立民の福山哲郎幹事長と国会内で会談し、合流時期や党支部の対応を協議した。

 関係者によると、社民は20弱の地方支部が立民に加わる見通し。吉田、吉川両氏の地元である大分や、東北6県、富山は合流する方向という。

(2020年12月03日 21時07分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ